女性が健康的に痩せられる「女性の為のパーソナルトレーニング」今ならお得な体験実施中!東京中央区・月島・勝どき・豊洲等からどうぞ。

東京中央区・月島・勝どき・豊洲周辺で
パーソナルトレーニング・ボディメイクなら

女性の為のパーソナルトレーニング

〒104-0051 東京都中央区佃2-2-9 フィットネス&スパNASリバーシティー21
               ➣専用駐車場完備

営業時間
月、水、木:10時~22時半
土、日、祝日:10時~20時半

 
休業日
  金曜日
無料相談・お問合せはこちらから。24時間受付中
080-4592-2424

運動苦手でパーソナルトレーニングが怖くて、恥ずかしかった私の体験談(藤川様)

女性の為のパーソナルトレーニングのパーソナルトレーナーとお客様が映る様子

これまでダイエット・ボディメイクに総額600万円以上をかけてきたのに、変わることができなかったという藤川様(30代女性)が、運動が苦手で怖い・・・という理由でダイエットに効果が高いと言われながらもずっと避けてきたパーソナルトレーニングという禁断の扉に手をかける・・・

 

筋トレ・パーソナルトレーニングを始めて、5か月を迎え大きく変わっていった経緯を藤川様自身の生の声で赤裸々に詳しくお話してくださいました。 

 

  • ダイエットに筋トレ・パーソナルトレーニングが、本当に効果があるのか知りたい
  • 実際の成果(ビフォーアフター)を知りたい
  • 運動苦手でパーソナルトレーニングが少し怖い
  • ついていけるか心配
  • どのくらいの期間で効果が出るのか知りたい
  • 食事管理はどのように行うのか知りたい
  • 運動はつらくないのか知りたい

など不安に思われている方にとても参考になる生の声かと思います。是非ご覧ください!!

パーソナルトレーニングを選んだきっかけ~体の不調を感じ始める~

私は、小さい頃から太っていました。母も、祖母も似たような体型をしていて、私もいつかは同じように動けなくなっていくんだろうなぁ・・・

 

 

健康な体になることは諦めはじめ、このまま体調の不調と付き合いながら生きていくんだろうと漠然と思う日々。2021年の年明け、立ち仕事を1日していて「腰が痛い、30半ばでこれか・・・」と悲しくなりました。

 


過去にエステに400万、肥満外来に100万、スポーツジムは契約していることに満足し行かない、流行りのものを一旦は試してみることを繰り返していました。案の定続くこともなく、お金が出ていくばかりです。

 

 

テレビのCMで流れるパーソナルトレーニングでの劇的なビフォーアフター・・・

そんな私にとってパーソナルトレーニングは最後の希望でした。

でも、運動が苦手な私にとってパーソナルトレーニングに対する怖いという感情が長年一歩踏み出せなかった原因だったんです・・・

経験したから、はっきり言える女性のパーソナルジム選びポイント

パーソナルトレーニングについていろいろなジムの比較を見ることを繰り返していました。有名ジムを何度も調べて、女性の劇的なビフォーアフターを見たりしても、なぜだか予約する気が起きません。

 

こうやって文章を書いていて気づきましたが、どのジムを見ても同じに見えたからだったんだと気づきました。

 

 

ある日、BIKINのホームページを見つけました。ホームページを見ていると、自然と涙がこぼれていることに気づきました。そして、朝まで眠れなかったんです。

 

だって、こんなにも自分をさらけだして、良いことも悪いこともすべて経験値にして、人に尽くし、楽しんでいるのが手に取るように分かるようなパーソナルトレーナーがいるなんて思いもしなかったからです。

 

 

明らかに今まで見てきた沢山のパーソナルトレーニングジムのホームページとは違ったんです。

更に「運動苦手女性専門」だなんて私にとってピッタリ!!

 

私自身のジムを選ぶポイントが「ジムで選んでいた」のではなく「パーソナルトレーナーさん」で選んでいたんですね。

 

この点はパーソナルトレーナーの安沢先生に褒められました。

 

 

パーソナルトレーニングは物を売っているのではなく、人が提供する形のないサービスを売っているので、人で選ぶべきなんだそうです。

 

「都度払い」可能なジムと書いてあります・・・

 

「嫌なら辞めればいい」まずは体験に参加してみようと思い立ちました。
予約はLINEで簡単にできました。簡潔明瞭な返信に少し安堵。

 

 

パーソナルジムを探し始めて1年・・・

ようやく見つけた!やってみたいと思えるパーソナルトレーニングでした。

「変われるかもしれない!」と通うことを決断した体験トレーニング

ネガティブオーラ出しながらの体験当日。その日は雨でとても寒い日でした。BMI36.7、こんな私を見たら「あー厄介なのがきたな」と思われてもおかしくないと怯えながら参加しました。

 

 

「雨で来るのが億劫でした・・・」なんてネガティブオーラを放ちまくりの私でしたが、安沢先生が優しい対応を続けてくれて、少しずつ緊張が和らいでいきます。

 


私は人に出来ないと評価されるのが大の苦手で、出来ない自分を隠そうとして生きています。人には言えないこと、言わないことが沢山あります。でも、初対面である先生になぜトレーニングをしようと思ったか話さなきゃいけなくて、恥ずかしさからうまく話せない私。

 

 

そんな私を察してくれて「今は言えなくていいですよ」と言ってくれる、先生。また泣く私。情緒が不安定です。笑

そこからは「マインド」から変えていくパーソナルトレーニング。安沢メソッドです。

 


そんな意識もうろうの中覚えているのは「継続できたら変わることができると思いませんか?」という言葉でした。

 

 

これからのこと、変えていった方がよいこと、丁寧に説明してくれて、私の中で少しずつ何かが変化していったのだと思います。

 

 

帰り際「これからどんどん体重が減っていきますね!楽しみですね!」という先生。半信半疑の私でしたが、その言葉が頭の中でループし続けていました。

 


初回体験に参加しただけでも、安沢先生のコミュニケーション能力の高さに圧巻されました。そして、先生が作られた資料を読んでいる時、私の思考回路(マインド)では、ダイエットを成功させ未来を良い方向に変えることが難しいことに気付かされました。

 

 

そして、これまでダイエットが成功しなかった原因は、私の思考回路(マインド)に原因があったのだと気づいた時でもありました。

 

私の脳(マインド)ごと変えてくれる人に出会ったかもしれない!と胸が熱くなり、緊張の連続の体験でしたが安沢先生にサポートしてもらうことを決めるのは時間のかからないことでした。

パーソナルトレーニングを始めて出てきた効果

実感した効果1

運動習慣がない私にとって、どんな格好をしていくのかなど些細なことから悩み始めます。

 

ただ動きやすい恰好でいけばよいだけなのですが、スポーツウェアを見てみたり、スポーツシューズを買ってみたり。筋トレするんだから、膝とか傷めないようにサポーターとかするのかな?そんな心配をしていました。

 

 

初回、2回目・・・あれ?サポーターとか要らないかも。私の場合、筋トレ含め運動をしっかりとしたことがないので、ストレッチポールを中心とした、ストレッチを覚えることが初めて行くことからはじまりました。

 

女性パーソナルトレーニングを受ける様子

 

安沢先生にやり方を教えてもらい、自宅でも購入してやるようになりました。

 

 

デスクワークが長い日もあり、背中が痛い日もあったので、職場にも購入。長く座ったりしている時には、5分でもストレッチポールをするようになりました。

 

 

腰痛持ちで始めたはずのパーソナルトレーニングだったけど、腰痛が感じなくなっていることに気づきました。

 

以前だったら、立ち話をすると30分もすると腰、お尻から太もも裏にかけて痛くなっていったのに、少しずつ改善されるようになり、パーソナルトレーニングを始めて5か月たった今では腰痛が改善されています。

実感した効果2

女性がパーソナルトレーニングで指導を受ける様子

パーソナルトレーニングでは軽いストレッチから始まり、本格的なスクワットも行うようになっていき自然にステップアップしていました。

 

当初はスクワットを10回やるのがやっとでしたが、3か月後には100回出来ている自分がいてびっくりです。

 

 

日常の中でも駅の階段は確実にエスカレーターだったのに階段を昇ろうという気持ちになっていること、そして昇れる体力アップしていることを実感できる瞬間です。

 

 

そんな風にトレーニングをやりながらも、私がこれまで成果を出すことができなかった最大の原因である「良くないマインド」を変えるために一番大事だという「目標=やりたい事」が進んでいるのかの確認も定期的にあるわけです。

 

 

目標と向き合って、ワークシートを何度も書いて消してやり直して本当に自分のやりたい事は何なのか・・・。目標をたてた自分になるために沢山の項目を考えます。

実感した効果3

この時点でパーソナルトレーニングを始めて3か月。まだまだ立てた目標の中間目標ではありますが順調に達成できました。

 

 

達成できてうれしかったのは、きつかったフォーマルスーツをゆとりもって着ることができるようになったこと。

 

 

安沢メソッドでいうところのマインドを変えるための一つ「セルフイメージ」を上げる作業。

 

「良い意味で今の自分に少し見合わないものを身に着ける」

 

安沢先生と決めていた「少し金額が高く、ワンランク上のブランドで前から欲しいと思っていたけど手の届かなかったハイヒール」をご褒美として購入できたことも嬉しかったです。

 

 

この目標を達成したとき、パーソナルトレーニング開始前に安沢先生にわざわざ見て頂いたんですね。スポーツジムでフォーマルスーツを着てクルクル回る人。なかなか待っている間も恥ずかしかったのですが、先生も喜んでくださって、その姿を見せることができてうれしかったです。

 

数か月後に達成したい目標が現実になっていく、というのもパーソナルトレーニングを通して知ることができた 人生の喜び” でした。

 

腰の不調を感じて参加したパーソナルトレーニングでしたが、それは私にとって人生のやりたい事を考える時間でもありますし、トレーニングするという事で健康を回復すると言う大きな体の変化を感じる機会となりました。

食事制限でない食事選択の練習「爆発する私!トレーニングを辞めよう!?」

私のダイエットには食生活も変えることが必須でした。今も食事について内容はチェックしてもらっています。

 

ですが!わたしには先生に何度も教えられてもできないことがありました。今まで過剰に取りすぎていた糖質の量を減らすことにはあまり抵抗はなかったのですが、糖質以上に多く摂取していた脂質を減らすことがとても難しいことでした。

 


4月上旬、仕事が忙しい事を伝えると言い訳になってしまうと思って言えずにいました。1年かけて準備していたイベントが近づいていて連日仕事に追われ、精神的にもダウンしていました。

 

 

食事内容は糖質が抑えられているし、体重は微増しているけど、それでも自分では頑張っているつもりになっていました。

 

 

食事指導の際、以前から脂質が多いことを指摘されていましたが、なかなか改善できずにいました。

 

 

その日、安沢先生からはっきりと脂質を抑えるようにと指導を受けました。何回いわれても変わらない私。

 

 

はっきり言わないといけないと思われたんだと思います。

 

 

私はパーソナルトレーニングの最中、言葉を発せられなくなりました。

 

 

その頃、仕事でキャパオーバーだった私にとって、その言葉はとてもキツく、帰りの自転車に乗りながら泣いて帰りました。

 

 

もう、「パーソナルトレーニングを続ける事は難しいかもしれない・・・」と思いました。悔しくて、家に帰って、もう絶対やめるって何度も繰り返しました。

 

 

勝どきにあるお店の大人のランチプレートセット(エビフライハンバーグナポリタンが載っている夢のようなご飯)を食べて、もうやめてしまおうと思いました。

 

 

やけ食い・・・今まで私が繰り返してきたことだけど、なぜかおいしくありません。

どうしても安沢先生の顔がチラつくのです。

 

 

本当にやめていいのか、安沢先生が私に意地悪をしたわけではないと分かっていても、なにせ嫌だったんです。

 

 

時間が経って気持ちが落ち着き、冷静に考えることができました。

できないわけじゃない、1週間後に絶対に「食事を変えて、体重も落として」安沢先生に認めてもらおうと決意したんです!

 

 

今までの人生を振り返って見ても、今までの私だったら100%やめていました。

誠心誠意向き合ってくれている先生が「必要だと思ってくれたから言ってくれただけのこと」なんですが、自分の中で何かが爆発した瞬間でした。

 


次の時、安沢先生は食事内容が改善されているのを見て喜んでくださいました。

私は「やるって決めたらやるんです!」って偉そうに言い放ちます。

 

 

そして、パーソナルトレーニングを始める前に

「先週先生から言われた事は正しかったけれど、仕事もすごく忙しくて自分の中では精一杯の中やれているつもりになっていた。パーソナルトレーニングはやめようと思ったし、反抗して大人プレートランチを食べました」

と話しました。

 

 

そして返ってきたのは・・・食事記録をみながら

「それでも夜はプロテインを選んだんですね」
という言葉。

 

 

その時、私はなんだか全身の力が抜けたような気分になりました。1週間、私が悩んでいたことが馬鹿らしく思えてきました。

 

 

そして、察してほしい!気づいてほしい!の私のままではこのようなことが繰り返されてしまう。だから嫌なこと難しいことは言わなくてはいけないと痛感しました。

 

 

今ではパーソナルトレーニングの時、安沢先生から「なわとび1分いきましょう!」と言われても無理と思ったら、「45秒!」と交渉するようにしています。笑

安沢メソッドの食事指導

女性パーソナルトレーニング食事管理の様子を制るした画像

ストレスのはけ口が食に走りやすいのは女性特有なのでしょうか・・・

それとも私だけ?汗

 

はじめは、分かりやすいチェック項目付きの食事ノートをつけることから始めました。その記録を毎回のパーソナルトレーニングで11つの食事をチェックしてもらう事で、積極的にとっても良い食材や食べる回数を減らした方が良い食材がわかるようになりました。

 

 

人によってはLINEで写真報告、食事管理アプリなどを使った報告など、その方が取り組みやすい方法で臨機応変にやっているとおっしゃっていました。

 

 

最近では、食事を報告すれば、良い食事を選べていると言われるようになりました。それからは、体重が停滞する事は今のところなく経過しています。

 

 

当初あった「体重を減らすためには食事を我慢する」という考え方もなくなりました。「食事を我慢する=空腹を我慢する」だと辛く続かなかったと思いますが、食べて良いものを理解すれば、食事を我慢する必要は無いのですね。なので空腹を感じると言う時間はとても少ないです。

 

 

1人じゃできないこと、乗り越えられないこと、先生がいてくれるから変えられること、先生のおかげだって心から思いますが、毎回「私が頑張っているからですよ」とフィードバックしてくれます。

どのくらい運動すれば痩せられるのか知りたいって人へ

  • 筋トレをやったことがない
  • 息が切れるほど動く事がなかった日々
  • 学生時代の体育の時間以外の運動ってなに?

という30歳半ばの私。だから余計、筋トレに対して怖いという思いがありました。

 

 

先生のパーソナルトレーニングには、その人に合った方法をやっているため、嫌だったら他のメニューに変更できると言われています。だけど、今ではたくさん動くことで息切れすることが楽しいと感じられるほどになったことに自分自身が驚いています。

 

 

スクワットをしていても楽しくはないけれど、それを達成できたときの喜びは大きいです。

 


次の課題は、運動を生活の中に取り入れることです。もともと仕事柄、デスクワークだけの日もあったり、110,000歩動くような日もあったり、活動量にムラがあるのが私の生活の特徴だったと思います。

 

 

運動意欲が上がっていた私は、ある日ワークシートに「歩いて帰りました」と記載しました。それは褒めて欲しかっただけの事だったのですが・・・

 

「徒歩通勤できそうですね
・・・失敗した!!!

 

 

正直、私にとって、この提案は非現実的なことでした。往復2時間弱、その時間を捻出するためには睡眠時間をさらに削らなくてはいけなくなる、仕事をしながら家事をしてパーソナルトレーニングをして徒歩通勤というのは自分にとって限界があることでもありました。

 

 

でも、安沢マジックにかかっているせいか!?安沢先生が提案してくれたことだから一度やってみるかという気持ちになり、ワイヤレスイヤホンを購入して、お気に入りのミュージックリストを作って、いつもより早く朝家を出て、歩いて職場まで行くということを試しました。

 

 

意外にできてしまった私。それを報告すると、褒められて認められる。嬉しくてまた今度も歩いてみようかなぁとそんな気持ちになりました。

 

 

動くことに抵抗がなくなり、体調が良いと感じるようになった回数が増えたように思います。パーソナルトレーニングをしていても「体力がついてきましたね」と言われる回数も増え、疲れやすい体から少しだけ変わることができたのだと実感できます。

 


パーソナルトレーニングはどんなに頑張っても週1~2回程度しか行けません。日常生活の中にどうやって運動を取り入れるのか、それは私にとって重要でした。

 

 

運動するためにジムに行くこと、日常の中で活発に動く事どちらも大事なのだと改めて感じることができました。

 

 

「運動をしよう」「活発に動こう」なんて、5か月前の私が知ったら、なんて声をかけてくれるでしょうか・・・

運動苦手でも成果が出た理由 

運動苦手でも成果が出た理由1:気づいたら運動が習慣化されていた

コロナで制限された生活。運動ができないと思うことが怖い・・・


週末にパーソナルトレーニングがあるということが当たり前になり始めた頃、パーソナルトレーニング・筋トレがとても楽しくなっていました。

 

 

仕事がどんなに忙しくても、時間をうまく調整してパーソナルトレーニングに行きたい、筋トレしたいと思うようになりました。それは今までの自分の性格や生活スタイルから考えると珍しいほどの変化であったと思います。

 


2021年4月末、発令された緊急事態宣言に伴い、スポーツジムは休館を余儀なくされました。

 

 

4月24日、以前から立てていた中間目標を達成した日、ニュースを見ない私は、安沢先生からジムが休業することを伝えられました。

 


「本当に申し訳ございません。」
と頭を下げる先生に、先生のせいではないので謝らないでくださいと返しました。休業になる前に、中間目標が達成できてよかったなと嬉しさ半分。家に帰ってから、パーソナルトレーニングがないと怖い!

 


どうしよう!と感じる私がいました。それまではコンスタントに週1回パーソナルトレーニングをしていたのに、それが難しくなる。どっしりした性格なので、あまり物事に左右されないはずなのに今回は動揺しています。
「パーソナルトレーニングができないことが怖いです。」
LINEで送りました。

 


「トレーニングができないことが怖いということは良い傾向ですね。」
良いこと?こんなに動揺しているのに?相変わらず、思いもしない返答です。

 


その時の私は運動習慣がついてきたため、運動ができなくなることが怖いと感じていたようで、トレーニングが習慣化されていた証でした。

 

 

一人で運動を続けても痩せることはできないし、やっても太っていくだけかもしれないという恐怖感もありました。忙しい中でもそんな私の戯言に対して返信をくれてありがたい気持ちと、みんなつらい時、自分だけではないと、心から再会を願いました。

 

運動苦手でも成果が出た理由2: 体重にこだわらない

マインドの変化から始まった自分の成長。

 

もともとの体重があるので、体重が減っていくことが楽しくなっていました。

 

 

ある日、私が、「この調子でいけばあと1か月で83キロまで落とせるかもしれないので、目標数値を変えたいです。」とLINEしました。安沢先生からの返信には

 


「正直、数字は大事にする必要がありません。やりたいことをやって、数字がついてくる。それは藤川さんも気づいているはず。目標を変えたいのであれば体重にこだわらず書き直してみましょう!
と書かれていました。

 

 

いつものわたしだったら、「そうですね。分かりました。」と返信していたと思います。

でも!なぜかLINEが返せない!通信状況でもなくLINEが返せない!

 

 

おそらく先生はいつかくる停滞期のために数字にこだわらないことを意識させようとしてくれているのではないかと思いました。

 

 

だけど、その意図を汲んででも、返信ができないのです。これは、次回パーソナルトレーニング時に直接話してみようと思いました。

次のパーソナルトレーニングの時、怒涛の如く話始める私。

 

 

「先生の意図を汲んででも今は数字にこだわりたい!

停滞期がくることもプラスに捉えるし、先生に助けてもらう!

だから、今は体重にこだわって目標数値を変えたい!」

と伝えました。

 

 

先生の表情は硬く、無理なことを言っているのは重々承知でした。数字にこだわらないことは大事、だけどどうしても譲れなかったのです。意思を伝えられない私が、勇気を振り絞って先生に交渉していました。

 

 

「体重という数字にこだわり過ぎる」と本当のなりたい姿、目標を見失い、いずれダイエットが辛くなって挫折してしまうそうです。

 

 

先生にはさまざまなご経験があり、私に対して今の段階でこれをよしとしていいのか、考えどころだったのだと思います。

 

 

「よし、じゃあそうしますか。もう十分一人で自分をコーチングできていますしね。」

といわれましたが

「今一人になったら激太りします」

と返しました。汗

 

 

でも、本当に大事なことは体重の数値にこだわらないこと。

私のわがままで今回お許しいただきましたが、家に帰って「先生があんな難しい表情をするなら、よっぽど難しいのかも・・・」と心配していまいました。

 

 

修正した目標に達成すること無事にでき、安沢先生に目標を書いたシートに“はなまる”をもらえました。

 

 

 目標達成を達成したときは、とてつもない高揚感を得られましたが、もう二度と数字にこだわった目標をたてることはしないと決めました。

 

数字にこだわってしまった期間は、追い込まれた気持ちになったからです。自分で掲げたことでしたが、数字に縛られてしまうと、変に焦ったりしてきて、日々の体重の変化が怖く感じるようになりました。

 

 

先生からあらかじめ数字にこだわりすぎてはいけない理由を聞いていたものの、本当にその理由を体感した時でした。

 

 

体重にこだわらないことは今でも難しいですが、ジムには遊びに行く感覚で、「頑張っている!」とならないことが今も続けることができているんだと思います。

 

 

そして、5か月を迎えた今では「体重という数字」にこだわっていないにもかかわらず、体重は約16キロを達成しているから不思議です。

 

運動苦手でも成果が出た理由3:食事報告だけでない、トレーナーさんとの良好な関係性を作れるから成果が出やすいLINEサポート

女性パーソナルトレーニングLINEサポートの画像

成果を出し続けて最終目標を達成し、一生リバウンドしないために重要なことが「目標設定」だそうです。

 

安沢先生のパーソナルトレーニングでは、ただ単に運動をするのではなく、人生のおいて本当になりたい姿を問われる機会があります。

 

 

私は、自分の想いを人に伝えることがとても苦手です。事なかれ主義ともいえる自分の性格が、人との対立を避ける事につながっていたので、世渡り下手な私としては困ることはありませんでした。

                                           

 

ただ、その弊害として自分の気持ちの変化に鈍感になることや、自分のやりたい事、なりたい姿を問われたときに簡単には見つけられないという現実に気づかされました。

 

 

ここまで真剣に自分と向き合うことがなかった私は、自分のなりたい姿を探す日々が続きました。そんな私をサポートしていただけたのがLINEによるサポートです。

 

 

食事の報告だけでなくちょっとした疑問なども丁寧にお答えていただいたり、こんな私に色々な気付きを与えてくださいました。

 

 

「目標数値を変えたい」と引き下がらずに伝えたことも、私にとっては大きな成長を感じる場面でした。

 

 

伴走してくださる先生に、自分の想いをしっかり伝えられるようになるには信頼関係がないとできないことだと思います。

 

 

その信頼関係を作ってくれたのが食事報告だけでないLINEのサポートでした。

きっとこの関係性がなかったら目標も浅いもので成果を出すことができなかったと思っています。

 

 

どんな目標か?それはここでは控えさせていただきますが(汗)、当初の目標は「-20キロ。とにかく痩せて健康的になりたい!」という浅い目標でした。

 

 

でも、今立てている目標は2030年後を見据えた「人生における目標」。なりたい姿、なりたい生き方を記した壮大で深くて想像するとワクワクする目標を立てれています。

 

当初この目標設定の大切さは頭で理解できても実感することができませんでしたが、目標が少しづつ達成されると同時に、実感することができるようになってきました。

 

私にとって安沢先生は最高のパーソナルトレーナーですが、信頼できる人に出会えたこと、これがなによりの喜びだと思います。

私のビフォーアフター画像 & 体組成 大公開!

まだまだ途中経過で恥ずかしいのですが、ビフォーアフターをご覧ください!

藤川様パーソナルトレーニングによるビフォーアフター(前)の写真
藤川様パーソナルトレーニングによるビフォーアフター(後)の写真
藤川様パーソナルトレーニングによるビフォーアフター(後)の写真
藤川様パーソナルトレーニングによる体組成ビフォーアフターの写真
藤川様パーソナルトレーニングによる体組成ビフォーアフターの写真

BIKINパーソナルトレーニングの感想

あの日、BIKINのホームページを見つけることができなかったら・・と考えるとなんだか怖くなります。

 

私の体験談は、ほんの一部でしかありませんが、安沢先生に出会いどんどん人生が豊かになることを実感しています。安沢先生がプロレスラーでいらっしゃったことは知っていますが、私はあまり意識したことがありません。

 

今しか知らない私には、とっても優秀だけど、たまにおっちょこちょいな一面もある素敵な先生だと思います。

 

トレーニングの多くの時間は笑って過ごしているし、5か月たった今では失礼な態度をとってしまうことも少なくありません。気を付けなくてはいけないことだけど、それくらい親近感が持てる方です。

 

私にとって、食事をすること、運動すること、自分のやりたいことを考えること、これがトレーニング前に比べると激変した内容になると思います。 

 

今回、この体験談を書きたいと自らお願いしたことのきっかけは、先生に有り余るほどの感謝の気持ちを伝えたかったと言う部分が大きいかもしれません。まだまだ中間地点でこのようなお願いをしてよかったのか、わかりません。

 

私のできていない部分を惜しみなく書き綴りました。これが私のトレーニングを開始してからの5か月です。長い長い内容になってしまいましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。

【経過更新】パーソナルトレーニングを始めて1年

パーソナルトレーニングを始めて1年が経過しました。そこでこの日記も更新をさせていただきます。

 

 

1年経過して、いよいよ私にも停滞期がきました。モチベーションを維持することが想像以上に難しかったです。

 

「1か月間集中して取り組む!そして、自分にご褒美を用意して期間に分けて頑張る!」

 

安沢さんに、そんな提案されました。

それを実行するとすると、少しずつですが変化していきました。

 

停滞期も経験しつつもなんだかんだ1年前とは別人・・・
不思議な気持ちになりました。

 

 

1年経過しての変化を整理してみました。

食事
周囲に流されなくなった。
仕事のストレスを食事にぶつける癖はなかなか治らず、今後の課題。

■スタイル
洋服のサイズが合わなくなり買い替えが必要になった。
今までなら絶対に手を出さなかった身の丈に合わないスカートやアクセサリーを買い、少しだけオシャレにも気を使うようになった。
友人からも褒められるようになった。

体重
1年でー25㎏。

トレーニング
トレーニング内容は、今までよりも本格的になった。
効かせたい部位にしっかり筋肉痛もくるようになって少しレベルが上がったように感じる。

 

写真、体組成も更新していただきましたので是非ご覧ください。

編集後記

コロナ禍にパーソナルトレーニングを始めることとなった藤川様。私のパーソナルトレーニングのコンセプトである「運動苦手で30代女性。マインド・姿勢から改善するボディメイク・・・」の型にピッタリはまったお客様でした。

 

 

ダイエット、ボディメイクの情報があふれる現在において、痩せる食事、痩せるエクササイズが重要なのではなく、ダイエット・ボディメイクの土台はマインドにあることを、一人でも多くの女性に知っていただきたい改めて思うところです。

 

 

藤川様より自ら志願していただき、お声をいただき、このページを作成することができたこと感謝いたします。

 

 

藤川様、本当にありがとうございました。

 

 

そして、これからも宜しくお願いいたします!!

 

 

結果には個人差があり、全ての方が同様の結果になるとは限りません。

 

パーソナルトレーニングジムのパワーラックの写真

この記事を書いた人

安沢 明也(あんざわ あきや)

女性専門姿勢改善ボディメイクパーソナルトレーナー。

指導歴10年以上、指導者数のべ1万人以上、成功率、リピート率8割以上という実績で運動苦手な30代以上女性専門でマインド、姿勢から改善するパーソナルトレーニングを行っている。

また、現在はパーソナルトレーナーのコンサルティングも行う。集客ができて、お客様に寄り添った接客のできるパーソナルトレーナー育成にも力を入れている。

→詳しいプロフィールはこちらから

営業時間

営業時間

月、水、木:10時~22時半
土、日、祝日:10時~20時半

休業日

      金曜日

お問合せ

体験お申し込みは電話または、
フォームより受付しています。

東京中央区・月島・豊洲・勝どき等でパーソナルトレーニング・ボディメイクなら
「BIKIN 女性の為のパーソナルトレーニング」
24時間受付中!!

080-4592-2424

ジム アクセス

住所

〒104-0051
東京都中央区佃2-2-9
「フィットネス&スパ
NASリバーシティー21」

■専用駐車場完備

地下鉄月島駅徒歩8分
JR八丁堀駅徒歩15分